外構工事でよくあるトラブルとは|茨城の外構工事ならお任せ下さい。

Soma
つくばブログ
水戸ブログ
English
中文
資料請求・お問合せ
Youtube
Facebook

faq

Q

外構工事でよくあるトラブルとは

質問 最近家の門扉や塀などが劣化して汚れが目立っていて、周りには新しい家も建ち我が家だけが景観を乱しているように感じ、外構のリフォーム工事を行うことを決意しました。
実は以前家の中をリフォームしたことがあり、そのときに業者との意思疎通が上手くいかなかったことが原因でトラブルになった苦い経験があります。
そのときに反省はもちろん活かして打ち合わせには十分な時間をかけようと思っているのですが、外構工事でよくあるトラブルにはどのようなことがありますか?トラブルを回避するための対処法があればそれも教えていただけるとありがたいです。

yajirusi

A

瑕疵担保責任についてしっかり確認しておくことも大事です

まず、外構工事を依頼する業者は自社で施工するのか、アフターサービスも用意していることを確認することが大事なポイントです。
外構工事でよくあるトラブルには、工事完了後に問題があっても対応してもらえない、請求額が見積金額よりも高かったなどがあります。自社施工をしていてアフターサービス体制もきちんと整えている会社ならこのようなトラブルは起きにくいですが、工事は下請けに丸投げして自分たちは責任を取らないような業者と取引してしまうと、どうしてもトラブルは起きやすくなってしまいます。
自社で施工しないと、どうしても追加料金が発生しやすくなります。実際に工事を行う下請け業者は言われたことをするだけで工事の工程や仕上がりがどうなろうと関係ありません。
手直しやアフターサービスに対応した場合もきちんとやった分の費用は徴収しなければいけないため、工事後に何か不都合があった場合も対応してもらえても料金を請求されることになり、無償でのアフターサービスを受けることができなくなります。
このようなトラブルを避けるためには、何かあった場合の瑕疵担保責任についてもしっかりと確認しておく必要があります。
外構工事では、予定の工期を過ぎたのに工事が終わらないというトラブルもよく起きます。工事業者の質の悪さが、工期を遅らせる大きな要因です。
天候が原因であるならある程度の遅れが出ることもありますが、経験が浅い技術力のない業者に依頼してしまうと、工期の遅れが出てしまいやすくなるのです。
工期の遅れについても契約書に罰則が明記されていることを確認して、実績豊富で技術力の高い業者を選ぶことが一番の対処策です。

PageTop